手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので-第2話を徹底ネタバレビュー!!!

画像タップで今すぐ無料立ち読みへ

手塩にかけた娘に手をかけた男。

 

遂に抑えきれなくなり、襲ってしまった。

 

娘が泣き出し、やめてと訴えても、もう止まらない。

 

娘をレイプする父親の全貌はいかに。

▽大容量38ページの試し読みはこちら▽



△登録なし5秒で読めます△

手塩にかけた娘が…第1話まとめ

冴えないエンジニアの男が世間に唯一誇れるもの

 

それは可愛くて人懐っこい一人娘の陽葵(ひなた)だった。

 

だが、その自慢の娘は自分に全然似ていなかった。

 

それまでも、何度似てないと指摘されたことか…

 

遂に男はDNA鑑定を行うことにした。

 

その結果は「親子の可能性0.000%」だった。

 

結果に絶望した男は、そのショックから他人だと分かった娘を襲い始める…

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料で手塩にかけた娘を犯す

※会員登録の必要はありません

手塩にかけた娘が…第2話

娘のおっぱいを露わにし、遂にパンツにも手をかけた。

 

嫌がる陽葵をよそに無理やり白い布をズラす。

 

「お父さん、こんなことやめて!!」

 

ムンムンと香ってきそうな学校帰りの娘のアソコは、熱を帯びていた

 

そしてそのまま娘のオマ◯コに手をかける。すっかり大人になったマ◯コは密林のようなメスのそれへと変化していた。

 

触っていると徐々に濡れてくる。

 

ク◯を触ると陽葵は「ビクッ」としている。

 

指を挿入してみれば、意外にも第二関節まではあっさりと飲み込んでいく。

 

陽葵の感じ具合からすると、もしかしたら自分でもオ◯ニーをしているのかもしれない。

 

更にマ◯コからア◯ルにかけてを擦っていくと気持ち良さそうによがり始め、手の動きを早めると遂に声が漏れ始めた。

 

「あっ!!ん…あああっ!!」

 

陽葵は可愛い声でイってしまった。

 

「なぁ陽葵、俺入れるわ」

 

そして娘を正常位にするとそのまま徐々にチ◯ポを挿入し始めた

 

「やっやめ…痛っ!!痛い!!!」

 

容赦無くそのまま陽葵の処女を奪っていく

 

ツルツルすべすべの陽葵の太ももを撫で回し、激しくピストン運動を開始。

 

陽葵は貫かれた痛みを抱えた状態で男に中出しされた…

▽無料の試し読みはこちら▽



△登録なし5秒で読めます△

第2話の感想

陽葵のおっぱいがエロすぎ!!!

 

やはりおっぱいの揺れ具合や床に押し付けられた時の柔らかさが分かりそうな描写が最高に良いですね!

 

正常位で挿入されて、パコパコされている時のおっぱいの揺れ方も自分的には最高に好きですね〜♫

 

自分は正直あまり近親相姦モノは得意ではない方なんですが、これは義理の親子という設定のため、ほとんど拒否反応を示さずに読むことができるので、結構没入できます!

 

男の方も元親だったということもあって、娘に対してそれっぽい態度なんですが、ほとんど気になりません!

 

とりあえず僕が言いたいことは1つ!

 

「陽葵のおっぱいが最高だから、もっと揺らしてくれ!」

 

これに尽きますねwww

 

騎乗位は一体何話から出てくるのかが非常に楽しみです♫

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料で手塩にかけた娘を犯す

※会員登録の必要はありません